top of page

夢を乗せたままで

作詞 : Oshin, 作曲 : Oshin 編曲 : Fixer

夢を乗せたままで


人生の岐路ってのは

いくつもあり とても果てしなくて

この先幾度と別れ道の狭間で

くしゃくしゃに顔を歪めるだろう



揺らめく蝋燭の火が

また一つ消えたのなら

見えない光を探して歩き続けるだけ





どんな岐路に立たされても

唄う事を選んできた僕は

これ以上もこれ以下も

無理繰り出した答えさえも

結局ないんだね



透かした音色達に

この耳を傾けたら

ちゃんと心の鼓動に伝わる

夢を乗せたままでいいじゃないか

疲れた時も 負けそうな時も

こいつが癒やしてくれる

消せない傷を負った時は

思うまま声に出して叫んでみればいい





君の生きる世界も

忙しなく時は流れているかい?

僕の世界では夢に泣いて

夢に笑ってを繰り返すだけさ



離れていった奴もいる

消えてしまった奴もいる

残された俺らに

課せられた時間は後どれくらい



お友達から音のダチまで

出逢えた事に感謝して

未だに見てる あの場所へ舵をとるだけ



夢を乗せたままでいいじゃないか

喜びは二倍 悲しみは半分

いつでも味方でいてくれる

見えない君を測る者差しに

中指立ててシカト決め込んで明日を向こう

bottom of page